知って得する! ひとこと台湾語

國語と呼ばれるオフィシャル言語(いわゆる中国語)のほか、台湾人の言語環境には出自や地域によって多くのローカル言語が存在します。そんな中、客家(はっか)語、原住民族の諸言語を押さえ、圧倒的に使用する人数が多いのが「台湾語」。台湾人の会話では、たとえ中国語(台湾華語※)を話していても台湾語の単語がそのまま混在していたり、影響を受けていたりする語も少なくありません。ここではその「台湾語」に焦点を絞り、気軽に使えるスラングや流行の言い回しなどをコラム形式で紹介します。覚えておくと、台湾人との距離がぐっと縮まるかもしれませんよ。
※中国の「普通話」との区別のため、台湾で使用される中国語を特に「台湾華語」と表記します。

 ●芋仔番薯(オアハンジ)

 ●櫻櫻美代子(イン イン ボ ダイ ジ) 

凍蒜(ドンスゥァン) 

毋知影(ンザイヤン)

辦桌(バンドォッ)

奇檬子(キモチ)

好兄弟(ホーヒャンディ)

漚客 (アウケ)

阿桑(アサン)

白目 (ベッバッ)

乎乾啦 (ホダーラ)

牽手(カンチュウ)

広告