石知田 シー・チーティエン

瞳に宿る知性と才能

     期待度120%の新進俳優

%e2%97%8bckl_6079low

profile
1990年12月10日生まれ。25才。“台湾の東大”といわれる台湾大学在学中から短編映画に出演、2014年『軍中樂園』で長編映画デビューし、『五月一號』、『我的少女時代』に出演、台湾で公開中の映画『極樂宿舍』では主役、ドラマ『滾石愛情故事』の『鬼迷心竅』で主役。自らプロデュースした舞台劇『釵 CHAI PARTY』に主演するなど、クリエーター志向も強い。園子温、岩井俊二、是枝裕和、石井裕也、宮藤官九郎が好きという日本映画通。

台湾師範大学附属高校〜台湾大学というエリートコースから、たまたま大学2年の時に学内の映像制作に関わることになって演技に興味を持ち始めた石知田(シー・チーティエン)。『五月一號』(若葉のころ)と『軍中樂園』のオーディションを受けたことから俳優の道に進み、今年の夏休み映画『極樂宿舍』で初主役を務めた。『極樂宿舍』の初日、怒濤のプロモーション開始直前に取材したのだが、しっかりと自分を見つめる聡明さと時折見せるかわいらしさに、取材スタッフは皆、心を持っていかれた。

―『極樂宿舍』はコメディー要素の強い映画ですが、出演を決めたポイントを教えてください。

「僕がこれまで演じてきたのは文芸系の作品が多かったので、この脚本を読んだ時に演技の幅を広げられるのではないかと思いました。いろいろな役を演じてみて、自分はどういう役が向いているのか、どういう役がやりたいのかを探ることができると思ったからです」

―林世勇(ヒーロー・リン)監督との仕事はいかがでしたか。

「これは大学の寮を舞台にしているのですが、僕は寮生活をしたことがないので監督に『大丈夫ですか?』と聞いたら、『だからいいんだよ』と言われました。経験がないからこそ固定概念を持たない、寮生活でどんなことが起こるのかわからないから自由な発想で役に挑めるということですね。監督はアニメーションの世界からスタートした方で、これまでの監督とはまったくやり方が違いテンポが速いのです。例えば泣く演技の場合、涙が出てくるまでの心の動きを表してから泣くということが多かったのですが、監督はそういう“タメの演技”は必要とせず、ダイレクトに泣くという演出方法でした。それは新鮮でとても面白かったですね」

―でも、かなり戸惑ったところもあるのでは?

「最初はそうでした。でも監督によって価値感が違いますから、僕はそのさまざまな価値観を受け入れてその中に身を置いて演じることが必要だと思います。監督の描く世界を理解して信じることができなければ僕の演技は観客に伝わらないし、これはどうかな?と思うこともありましたが、それは僕の固定概念なのでそれを打ち破っていかないといけない、このキャラクターはこういう考えだからこういう行動なのだということを、その世界観の中で構築してうまく入り込んでいくという作業でした。今回初めての主役ですが、僕がそうしないと観客がこの物語に入り込めないですから、興行成績よりも観客に納得してもらえる演技ができるか、というのがプレッシャーでもありました」

―この主人公は建築を学ぶ学生ですが、ご自身が台湾大学で土木を専攻していたことで何か役に立った点はありましたか。

「実は土木よりも創造性の高い建築デザインに興味があって、3年生の時に別の大学で建築デザインを学んだことがあります。もともと卒業したら海外へ留学して建築家を目指そうと思っていました。ですから、監督とこの主人公は安藤忠雄のようなミニマリスト的建築ではなく、アントニ・ガウディのような有機物が生えていくような“生きた建築”が好きなタイプではないかと話しました」

%e2%97%8bckl_6080low

―個人的に好きな建築家や建築物は?

「ル・コルビュジエ、ルイス・カーン、クリストファー・レン、ザハ・ハディド、それからガウディも好きです。今年のはじめに京都に行ったのですが、京都は木造建築で茶道の概念を取り入れた茶室があったりして良いですね。逆に東京は安藤忠雄の表参道ヒルズのような哲学的なものが多く、伝統の京都と現代的な東京という対比は面白いですね」

―建築以外で大学時代の印象深い思い出を聞かせてくれますか。

「思い出深いのは、大学よりも高校時代ですね。それまで僕はオタクで、ゲームと勉強しかしていなかったのですが、高校に入って初めて部活を経験しました。ストリートダンスでパフォーマンスの楽しさを知り、HIP-HOPやR&Bを聞くようになって価値観が変わりました。先輩に五月天(Mayday)がいたので、学業だけでなくこういうエンターテインメントの道もありなんだと目からウロコで、こんな楽しいことがあることを知りました」

―映画にドラマに活躍が続きますが、これからどんな方向を目指しますか。

「いろいろな芸術に触れて自分を磨き、それで自分らしくなっていく……そんな俳優になりたいです。また、今年舞台の制作と主演をしたのですが、制作や企画に関わることが演技にも相乗効果を生みますから、機会があればクリエーティブなこともやっていきたいと思っています」

取材・文:江口洋子/写真:彭世杰/メイク:王霖/ヘアー:Zoe(Driven.by.)/衣装協力:Tender.S

映画『極樂宿舍』

%e3%80%8a%e6%a5%b5%e6%a8%82%e5%ae%bf%e8%88%8d%e3%80%8b%e7%94%b7%e5%ae%bf%e7%94%9f%e6%b4%bb1low
極樂宿舍 極樂は建築家を目指す大学生、初めての寮生活を謳歌していたのだが、突然古い男子寮取り壊しの告知を受ける。 なぜ男子寮だけ? 憤懣やるかたない彼らは、怒りの矛先を新しくてきれいな女子寮に向けて不公平を正そうと仕掛けるのだが、実は悪徳業者の土地乗っ取り計画だと知る。極樂たちは悪徳業者の企みを暴こうと女子寮とタッグを組み、大学を救うために立ち上がった……。笑いあり涙あり、恋と正義の青春映画。 公開:台湾公開中 監督:林世勇(ヒーロー・リン) 出演:石知田(シー・チーティエン)、洪晨穎(ホン・チェンイン)、劉俊緯(Lollipop-Fの阿緯)

(2016年9月号掲載)

 

もどる

 

広告

コメントを残す