総統府1階の常設展が内容を刷新、土日は予約不要

新政権発足の今年5月20日から展示エリアの改装を行っていた総統府(台北市中正区)が、常設展の全面刷新を終え、18日に一般公開を再開した。総統府1階の新常設展は「我々の時代、人民の総督府」がテーマ。七つの展示エリアが新たに作られた。総統府の参観時間は土・日は午前8時から午後4時までで、予約は不要。参観は無料で、入館登録には身分証明書が必要だ。平日も午前9時から正午まで公開されており、三日前までにネットなどで参観予約を行う必要がある。

広告

コメントを残す