風邪薬やシップなど、家庭の人気市販薬が最大3割値上げへ

先月から、製薬会社が販売店に対し市販薬の値上げ通知を行っている。国内1位のシェアを持つシップ薬「サロンパス・アイ(撒隆巴斯-愛)」は、大型10枚入りが110元(約355円)から145元(約468円)と31.8%の値上げ。感冒・鼻炎・咳止めの「スズレックス(斯斯)」カプセルは1~2割、シェア80%の水虫(足疥癬)薬「足爽薬粉」、同20%の湿疹・皮膚炎薬「益可膚乳膏」も2割値上げするという。「サロンパス」を製造する久光製薬台北支社は、台湾での薬品製造において昨年PIC/S GMP認証準拠の品質管理が求められたことにより、コスト上昇を値上げの理由としている。

広告

コメントを残す