台北市信義区の商業地区が10月から屋外禁煙、違反者には罰金も

台北市は10月1日から、デパートなどが建ち並ぶ台北市信義区の「香堤広場」周辺を、初めての屋外禁煙地区とする。対象は、新光三越のA8・A9・A11館、微風(Breeze)松高店、H&Mなどが位置する区画と、三越A8・A9館向かいの香堤広場で、屋外での喫煙が全面禁止となる。警告に従わない違反者に対しては、喫煙で最大1万元(約3万2220円)、吸い殻のポイ捨てで最大5000元(約1万6110円)の罰金が科される。禁煙地区内には3カ所の喫煙所が設けられる予定だ。

広告

コメントを残す