国民一人当たりの金融純資産、台湾がアジア2位 トップは日本

独保険大手のアリアンツが21日に発表した「世界資産レポート」で、2015年末の台湾の国民一人当たりの金融純資産は8万1240ユーロ(約920万円)と、世界8位、アジアでは日本に次ぐ2位だった。調査は50以上の国・地域を対象に実施。世界1位はスイス(17万590ユーロ)で、米国(16万950ユーロ)、英国(9万5600ユーロ)が続いた。台湾の昨年の順位は世界10位、アジア3位だった。同レポートによると、台湾の国民1人当たりの金融純資産は前年比で3.9%増加。世界平均は4.9%で、12~14年の年平均9%と比べ失速している。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す