海外駐在員に人気の国・地域 台湾は世界14位 日本より上位に

英金融大手HSBCは22日、海外駐在員に人気の国・地域に関する調査結果を公表した。それによると、世界1位は2年連続でシンガポールとなり、台湾は14位になったことが分かった。日本は20位だった。調査は190カ国・地域の駐在員2万7000人を対象に実施。2~10位はニュージーランド、カナダ、チェコ、スイス、ノルウェー、オーストリア、スウェーデン、バーレーン、ドイツ。香港は13位、英国は22位、米国は30位、中国大陸は34位だった。台湾の魅力については、新しい友達を作りやすい、収入を高める機会が多いとする意見が寄せられたとしている。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す