●台風17号が各地に猛威、死傷者629人

【台風関連ニュース】
中度(台湾の基準によると、中心の風速が秒速32.7~50.9メートルの台風)の台風17号は27日、花蓮付近から上陸し、中南部を中心に、台湾全域に強風、大量の雨をもたらし、27日は台湾の15県・市で、また28日は台湾全域で出勤、登校を中止する、台風休暇となった。内政部中央災害応変中心(対応センター)の発表によると、28日午後3時までに、台風17号による被害状況は、死者4人、負傷者625人に達した。負傷の原因の多くが、落下物の衝突、交通事故、割れたガラスなどによる擦過傷、強風による転倒によるものだった。また信号機の損壊、電線の垂れ下がり、街路樹の倒木などの災害が1万9615件16の県・市で、土石流や河川の増水などで旗艦が高まったことから1万5429人が自宅から離れて避難した。また午後10時の時点で、台湾全域で50万戸が停電していた。
なお高雄市政府は、市内六亀区、桃源区の道路の冠水が著しいことなどから、きょう(29日)の出勤、登校の中止を決定した。

広告

コメントを残す