●U23台湾代表、巨人二軍に完封負けも「いい試合だった」=郭李建夫監督

台湾のU23代表は、来月末にメキシコで始まるU23ワールドカップに備え、今月中旬から日本遠征を行っている。同28日はジャイアンツ球場で日本プロ野球・巨人の二軍と交流戦を行った。投手陣が8回まで無失点に抑えたものの、打線が無安打無得点と沈黙。9回表に1点を失い0-1で完封負けを喫した。
台湾代表の郭李建夫監督は、「選手の態度も良く、いい試合だった」と述べ、強力オーダーを組んだ巨人側に感謝を示した。巨人二軍はこの日、一軍出場経験のある長谷川潤、西村健太郎、江柄子裕樹ら8人が継投した。
台湾は14日から巨人の二、三軍、DeNA、楽天、日本ハムの二軍と対戦。29日を終えた時点で9試合を行い、勝5敗1分け。巨人二軍に対しては2勝2敗と拮抗している。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す