●H&M、くら寿司が経済部と投資意向書締結、台湾での出店加速

ファストファッションの「H&M」は3日、経済部と投資意向書(LOI)を締結した。現在台湾に9店を展開中のH&Mは、今後半年で3店舗を新たに出店する予定だ。現在台湾に4店舗を展開する「くら寿司」も同様に、今後3億5000万元(約11億3515億円)を投じ、総店舗数50店を目指すとした。経済部が開催した「2016台湾ビジネスアライアンスカンファレンス」では、アメリカ(22社・33.3%)、ヨーロッパ(20社・30.3%)、日本(18社・27.3%)など計66の海外企業が投資意向を示し、今後3年の投資総額は1660億元(約5384億円)を見込む。

広告

コメントを残す