●清華大学、博士号の複数学位取得制度を導入へ

国立清華大学(新竹市)は、台湾初の博士号の複数学位同時取得制度を、早ければ来年度にも導入する。学生は1学位分の学費で異なる二つの領域の指導教授につくことができる。必要単位数はやや少ない24単位で、それぞれの論文を作成し、認められれば、同時に二つの博士学位を得ることができる。清華大学は大学部において複数専攻制度を導入しているが、今回は大学院での新制度導入となる。まずは工学院と生命科学院で実施し、その後各学院に広げる考えだ。

広告

コメントを残す