●福島など被災地の農産物、早ければ来年早々に輸入解禁か

福島の原発事故以来、台湾が輸入禁止にしている福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県からの農産物輸入が、早ければ来年初めから解禁される可能性が出てきた。日台の関係者がすでに接触し、原則的に合意しており、11月にも発表の見通し。衛生福利部食薬署は「現在、解禁の時間が決まっているわけではない」としているが、日本側は強く解禁を求めている。食薬署は台湾人が被災地の日本食品を受け入れることができるようになっているか、日本が被災地の食品を受け入れているか、台湾の検査結果などから解禁を最終決定するとしている。

広告

コメントを残す