●サムスンが「ギャラクシーノート7」製造中断、台湾のスマホ業者に商機

韓国のサムスン電子は10日、新型スマホ「ギャラクシーノート7」の不具合が相次いでいることから、同製品の生産を一時中断すると発表。「ギャラクシーノート7」は発売後、バッテリーの不具合により発火するケースが相次いで発生。サムスン同製品のリコール(無償回収・修理)を行ったが、交換後の製品からも発火するケースがみられた。このためアメリカ、オーストラリアの電信業者は、当面は「ギャラクシーノート7」の販売、交換の停止を発表した。サムスンによる生産停止は今後、台湾積体電路(TSMC)、大立光電(Largan、ラーガン・プレシジョン)、ICデザインの聯発科技(MediaTek、メディアテック)、EMS(電子機器受託生産サービス)大手の鴻海精密(HON‐HAI、ホンハイ)、英業達(Inventec、インベンテック)、液晶パネルメーカー友達光電(AUO)、群創光電(Innolux、イノラックス)など台湾のスマホ関連企業の株価上昇、受注増加などが予想される。

広告

コメントを残す