●台湾温泉美食カーニバル、正式に開幕 宜蘭の食材使った弁当など販売

交通部観光局は6日、「2016台湾好湯温泉美食カーニバル」のオープニング会見を東部・宜蘭の温泉地、礁溪で行い、イベントの正式な開幕をアピールした。今年は初めてコンビニエンスストア「オーケーマート」(OK超商)とコラボレーションし、宜蘭の地元食材とグルメを融合させた弁当や豚骨ラーメンなどを販売する。

同イベントの開催は10回目。記者会見に出席した范植谷交通部次長は中国大陸客の減少に触れ、台湾人の観光客に各地の温泉に足を運んでもらえるような旅行プランを打ち出す計画を示した。

イベントの実施期間は来年2月28日まで。各地の温泉ではスマートフォンやカメラなどが当たる抽選会など、さまざまな優待キャンペーンが行われる。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す