●漢翔(AIDC)と富士重工が提携、ボーイング737MAXの昇降舵の材料製造

航空機開発・製造業者の漢翔航空工業(AIDC)は12日夕方、米の航大手空メーカー、ボーイング社のサプライチェーンである富士重工と、旅客機ボーイング737MAXの昇降舵(エレベーター)の複合材料製造業務で調印した。漢翔はこれを機に富士重工との関係を密接なものとし、契約上の要求を満たすとともに、台湾のサプライチェーン業者の特長を結集し、世界市場における台湾の航空宇宙産業の競争力強化を図る。

広告

コメントを残す