●マンダリン航空の高雄-馬公線が11月1日就航、四日間の無料搭乗サービス実施

中華航空(チャイナエアライン)の子会社、華信航空(マンダリン航空)は11月1日、国内線の高雄-馬公線の運航を開始する。使用機材は「エンブラエル190型機」(E190型機)。毎日1往復で、所要時間は片道40分。馬公発高雄行き(AE342便)は午後0時50分に馬公を出発し、同1時30分に高雄へ到着・高雄発馬公行き(AE341便)は午後5時に高雄を出発し、同5時40分に馬公へ到着する。

なお華信航空は高雄―馬公線の就航を記念し、11月1~4日の四日間、同線の快適な空の旅が無料で楽しめるサービスを実施する(座席数限定)。10月19日午前10時に同社のサイトで申し込みを受け付ける。

広告

コメントを残す