●台鉄局が20日ダイヤ改正、19日に主要駅で時刻表配置

台湾の鉄道在来線を運営する台湾鉄路管理局(台鉄局)は20日、大規模なダイヤ改正を実施する。乗車率が極端に低い早朝、夜間の列車合計40本を廃止するほか、46本で運行区間の短縮を行う。台鉄局は新しいダイヤを掲載した時刻表を、19日午前8時から主要駅に配置し、希望者に無料で提供する。今回のダイヤ改正は、乗務員不足や労働条件、旅客輸送における需要などを考慮して行われる。

広告

コメントを残す