●電力供給危機的、暑さなどで予備率は史上8番目の低レベル

10月に入っても摂氏35度近い暑さが続いていることや一部発電所の定期検査などのため、電力供給の予備率が3%を下回る状態になっている。台湾電力によると、今週初めの電力消費は3223万キロワットで、供給予備率は2.8%と10月として過去最低、年間でも史上8番目の低レベルとなった。剰余容量は94.2万キロワットで、台湾電力は剰余容量90万キロワットを「限界」としており、危機的状況。このため台湾電力では定期検査の調整をするとともに、節電を呼び掛けている。

広告

コメントを残す