●くまモンのカフェ、台湾・高雄にもオープン 熊本との密接な関係を象徴

熊本県のマスコットキャラクター、くまモンをテーマにしたカフェ「KUMA cafe」が19日、南部・高雄市内に正式にオープンした。この日行われたテープカット式には、高雄市の許銘春・副市長と熊本県の小野泰輔・副知事が参加。両県・市の関係のさらなる緊密化を象徴した。

昨年5月に台北市内に出店した同店。高雄への進出は初となる。高雄店では特別に、陳菊高雄市長をデフォルメした「花媽」とくまモンのイラスト、および「感謝高雄」の文字がパッケージにデザインされた黒糖ドーナツ棒も販売される。同市が無償で花媽のイラストの使用許可を与えた。海外の企業に対し許可するのは初で、結びつきの強さをアピールした。

許副市長は、同店の高雄出店は、高雄と熊本双方の官民による長期にわたる協力、および経済協力の推進と民間交流促進に対する努力の賜物だと喜びを示した。

高雄市は今年9月中旬、台風14号の影響で大きな被害を受けたことから、熊本県はこの日、100万円を同市に寄付した。

高雄市によると、同市と熊本県・市は近日中に友好都市提携を結ぶ予定だという。3者は2013年、国際交流に関する覚書に調印し、各分野での交流を進めていた。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す