●「Uber」に対抗、交通部管轄の「多元化タクシー」来年1月登場へ

交通部が推進する「多元化タクシー」について、タクシー業者への各県市政府への申請受付が25日に開始され、来年1月にも登場する見込みだ。「多元化タクシー」は、一般車両をタクシーとして利用するサービス「Uber」に対抗するものとして交通部が法改正を実施。①4ドア以上の各種車両の利用可、②従来タクシーの黄色とは異なる車体色とする、③配車予約専用などの特徴がある。さらに、アプリなどでの予約時に、車体番号や運転手情報、料金などが提供されるほか、GPSを搭載し、回り道の通報で業者に罰金が科せられるなど、「Uber」にはない「安心・安全」を打ち出している。

広告

コメントを残す