●台北西バスターミナルが業務終了、10月30日から新たな乗降場所へ

10月29日午後11時30分、桃園市中レキ(※レキ=つち偏に歴の旧字)行きのバスが台北駅西側にあるバスターミナル「台北西站」A棟を出発。これをもって同ターミナルの業務が終了した。現場では11月初めに撤去作業が行われる。29日夜、同ターミナルではバスの利用客のほか、大勢のバスファンが集まって撮影していた。台北市政府によると、これまで同ターミナルA棟を使用していた11のバス路線の乗降場所は30日、別の場所に移転する。このうち桃園線の乗降場所は台北駅北一門に、基隆、金山、桃園空港に向かう各路線は台北駅東三門となる。

広告

コメントを残す