●華信航空(マンダリン)の高雄-馬公線、1日に就航

中華航空(チャイナエアライン)の子会社、華信航空(マンダリン航空)の高雄-馬公(澎湖県)線が1日に開業した。毎日運航する。この日、華信航空は馬公空港で就航記念式典を開催した。第一便の使用機材はエンブラエルE190型ジェット旅客機(104座席)。同線の就航により、華信航空は毎週、台北・台中・高雄と馬公との直行便30便を運航する。

華信航空の関係者は、馬公から高雄を経由し、同じ飛行機で花蓮まで行くことが可能(澎湖から花蓮までの所要時間2時間)になり、住民や観光客の往来が便利になると話している。

広告

コメントを残す