●山肌、ほんのり赤く 台北・陽明山でススキが見頃

台北市内の陽明山国家公園でススキが見頃を迎えた。太陽の光を受けキラキラと輝く穂が行楽客の目を楽しませている。陽明山国家公園管理処によると、12月上旬まで楽しめるという。

台湾各地で見られる秋を代表する植物だが、同地のススキは、穂がほんのりと赤みを帯びているのが特徴。周辺で噴出する硫黄の影響を受けたためで、ここでしか見られない風景を演出している。

以前は北海岸の金山、万里、石門などで水揚げされた海産物が同地を通って台北市内に運ばれたとされる。「随所に歴史の面影が見られる」とは関係者。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す