●台北MRT信義線の東への延伸工事開始、2022年の開業目指す

台北捷運(MRT、台北メトロ)信義線(中正紀念堂-象山)の東への延伸工事の起工式が7日に行われた。この工事は、現在の東端の駅である「象山站」(信義路五段)から東の玉成公園(中坡南路)までの約1.42キロメートルを掘削するもので、駅を1カ所新設する。2022年の完工、開業を予定。工期は2191日、総工費は約48億2800万元(約160億円)。台北市捷運局では、工事区間は短いが開通後は近隣住民の移動が便利になるだけでなく、信義計画区から東の交通渋滞緩和が期待できるとしている。

広告

コメントを残す