●交通部、iOSとGoogleの「Uber」アプリ削除を要求へ

交通部は15日、配車サービスアプリ「Uber」について、アップル社とGoogle社に対し、2社のプラットフォーム上にある関連アプリの削除を文書で要求する考えを明らかにした。旅客や物品の輸送業は交通部公路総局への登録と認可が必要であり、現在の「Uber」は違法状態であるとした。交通部によると、台湾でのサービス開始以来、Uberの摘発数は388回、違反きっぷ発行は446枚、罰金総額は7500万元(約2億5667万円)に及ぶ。交通部とUberは面談を続けているが、Uber側から具体的施策は出ていないという。

広告

コメントを残す