●台南伝統菓子などをレトロ風に表現した写真が話題に 魅力を伝える

南部・台南の伝統菓子の製造風景や市場などを背景に撮影した写真シリーズが、そのノスタルジックなスタイルにより、インターネット上で話題になっている。台南市政府観光旅遊局もこれらの作品に注目。写真を通じてより多くの観光客に遊びに来てもらえればと期待している。

作品を手掛けているのは、フェイスブックやインスタグラムなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で数々の写真を発表しているクリエイティブチーム「IAMHO」。観光旅遊局によると、発起人のディレクターは台南出身で、小さい頃から祖母が伝統菓子を焼き上げる瞬間を楽しみにしていたという。そのため、作品には多くの思いが詰まっている。

製作チームは今回の作品のため、台南の路地をバイクで駆け回り、老舗店各店を何度も訪問したという。

観光旅遊局は、IAMHOの作品はカメラと強烈なスタイルを通じて台南の古き伝統菓子店の特色を表現していると称賛。さらに、ノスタルジックに見える作品の背後では、台南の豊かな文化とていねいに良いものを作っていく生活態度、食べ物を分け合う人情味などを伝えようとしていると紹介した。

一連の作品は、12日に正式に開幕するフォトフェスティバル「TAIPEI PHOTO」(2016台北国際撮影節)で展示される。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す