●H&Mがアジア最大の旗艦店オープン、25日に西門町で

ファストファッション大手「H&M」が25日、総床面積1500坪に及ぶアジア最大の旗艦店を台北市・西門町にオープンした。開幕当日には早朝から600人以上が行列を作った。H&Mは今年、高雄市や桃園市に新店舗を開設。年内に台中市、来年初めに花蓮市へも店舗を開設予定で、全国計12店舗となる。

日本のGU(ジーユー)は今年下半期に高雄市へ進出、ユニクロは台南市の新店開幕で総店舗数が64店となった。台湾で10店を展開中のGAPは今年出店を控えており、シェア3位にGUが浮上しそうだ。

広告

コメントを残す