●台湾モスバーガー、独自の大型タッチパネル注文機を開発

台湾モスバーガー(摩斯漢堡)を手掛ける東元(TECO)グループは、店頭でセルフ注文ができる大型タッチパネル式オーダー機を独自に開発した。設計から製造まで100%台湾製で、台湾モスのアプリとチャージ式電子マネー「MOS CARD」での決済にも対応。商品提供までの時間が従来に比べて2~3分程度短縮可能で人件費も節約でき、日本のモスバーガーも注目しているという。東元グループは台湾や中国、オーストラリアのモスバーガーのほか、自社の他の飲食店舗約300店にも順次導入を進める予定で、将来的にはオーダー機の社外向け販売も考えている。

広告

コメントを残す