●士林官邸で菊花展開幕 台北ユニバPRキャラ、巨大な緑のオブジェに

台北市の士林官邸公園で、年に一度の菊花展が11月27日、開幕した。来年、市内でユニバーシアード夏季大会が開催されるのを見据え、会場には同大会のPRキャラクター「熊讃Bravo」をモチーフにした高さ3.2メートルの緑のオブジェが登場。計10万株のキクが並び、来園者を楽しませている。

会場にはテーマ別に計10のエリアを設置。キクやヒマワリ2万本を使用した花畑で、ユニバーシアード大会の風景も作り出された。また、毎年の目玉で、1つの親株に多くの品種を接ぎ木した特殊栽培の「大立菊」が展示されるほか、過去に業界から集めた各種の大菊が初めて一堂に会する。

会期は12月11日まで。入園無料。期間中の週末には、音楽やダンス、芸術の催しのほか、台湾風白玉団子、湯円(タンユエン)の手作り体験などが行われる。周辺の一部商店では同展と提携し、優待サービスや特別メニューの提供などが実施される。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す