●放射能汚染地区からの食品輸入規制緩和反対で署名運動、国民党

立法院の国民党立法委員団は1日、記者会見し、福島県など放射能汚染地区産出の食品輸入反対の署名運動を始めることを明らかにした。3日は台北と高雄で、その後は離島を含む台湾40カ所で署名を集める。インターネット上では1日から署名集めをしており、この日だけで2000人の署名が集まったという。一部で住民投票にかける提案もあるが、党全体のコンセンサスを得られていない。一方、行政院は食品輸入規制緩和についての追加の公聴会を今月25日に新北市、来年1月2日に高雄市、8日に台北市で開くことを決めた。

広告

コメントを残す