●海覇王が「一つの中国」支持の新聞広告掲載、中国の圧力か

台湾のレストラン「海覇王」が5日の台湾紙『旺報』に「海覇王は緑色台商(台湾企業)ではない。両岸が一つの中国に属していることを堅持する」とする異例の広告を掲載した。この広告について国家安全局は5日、立法院で中国が海覇王について税務調査などをしたことが原因だろうとした。中国の国務院台湾事務室の張志群・主任は最近、「台商が中国でカネ儲けして、台湾に帰って台湾独立を支持するのは許さない」と発言しており、以来、台湾独立支持の台湾企業を「緑色台商」と呼んでいる。海覇王は最近、台湾紙が「海覇王は蔡英文総統の家族の資本が入っている」と伝え、海覇王は報道内容を否定したが、以来、海覇王は「緑色台商」のレッテルを貼られた。このため中国の税務調査を受けたと関係者はみており、大陸委員会は台湾企業に政治的なレッテル貼りをすべきでないと中国を批判している。

広告

コメントを残す