●来年のデジタル商品市場は「AI・VR・お一人様・省エネ&健康」志向

大手EC「PChome24h購物」が6日、2016年デジタル商品購入傾向を発表した。今年の購買傾向は「軽量・高性能、多機能、ポータブル式娯楽」だった。軽量のタブレットPCや、ポータブルのマイクやプロジェクターが人気だった。家電は今年、寒波襲来、相次ぐ台風上陸、猛暑、ポケモンGO効果で大きく売上を伸ばした。来年の趨勢は「人工知能(AI)」、「仮想現実(VR)」、「お一人様」、「省エネ・健康」がキーワード。運動時に使える無線ヘッドフォン、多機能・小型の調理家電、「自撮り」用品など、個人向け商品が人気の主流となると分析した。

広告

コメントを残す