●民進党提案の労基法改正成立、来年1月から労働者も完全週休2日に

立法院は6日、週休2日制などの労動基準法改正案を逐条審議し、混乱の後、同夜、与党、民進党の賛成で、可決成立した。来年1月1日から労働者も公務員と同様の完全週休2日制が実施される。争点の一つだった現在は労働者に認められている7日間の国定祝日は民進党の主張通り削減し、公務員と同じになるが、5月1日の労動節(メーデー)だけは労働者だけの休日になる。蔡英文総統は前夜の政権幹部会議でこの日の決着を指令。朝から立法院前には労働団体が集結、国民党立法委員団が議長席を占拠し、審議はできなかったが、夕方、民進党立法委員団が議長席を実力で奪い返し、審議を始めた。場外では労働団体が反対を訴え、発炎筒を投げるなどして議場突入を試みたが、労働団体側は約100人、警備の警官隊は約1000人で三重の防護体制で、反対運動を阻止した。

広告

コメントを残す