●日台の医療機器団体がMOU締結、介護用など多方面で協力

台湾医療・生技器材同業公会(同業者組合、TMBIA)は8日、一般社団法人・日本医療機器産業連合会と協力覚え書き(MOU)を締結した。台湾は高齢者・障がい者用の福祉用具産業が盛んで、日本の福祉用具市場における低価格帯製品の不足を補うことが可能だという。今後は、高齢者介護用、ハイスペック器材、ウェアラブル製品、遠隔医療システムなどの分野で協力を進める。また共同で東南アジアなどの新興市場開拓も行う。今年、台湾の医療器材産業の成長率は8.5%、市場規模は初めて1000億元(約3594億円)を突破した。

広告

コメントを残す