●「台日共に新南向政策推進を」、邱義仁・亜東関係協会会長が期待表明

交流協会台北事務所主催の恒例の天皇誕生日祝賀レセプションが13日夜、台北市の国賓大飯店で開かれ、李大維・外交部長(外相)は日本とのEPA(経済連携協定)の早期締結を望むと述べた。続いて挨拶に立った邱義仁・亜東関係協会会長は、日台関係はこれまでの経済文化交流の継続だけでなく、新たな段階に入ったとし、日本と共に新南向政策を推進したいと日台が協力して東南アジア進出を進めることへの期待を表明した。邱氏はスピーチをすべて日本語で行った。レセプションには連戦・元副総統、蕭万長・元副総統、王金平・前立法院長、姚嘉文・元考試院長らも参席した。

広告

コメントを残す