●林全・行政院長、60億元かけ鹿港国家歴史風景区を整備へ

林全・行政院長は13日、彰化県の古都・鹿港について、今後6年間で60億元(約217億円)の費用を投じ「鹿港国家歴史風景区」を整備する考えを明らかにした。400年の歴史を持つ鹿港を国際的な観光地としたい考えだ。彰化県の魏明谷・知事は先週、行政院で鹿港の整備計画を報告しており、全面的に協力するとしている。計画では、歴史的建築物など景観の整備、鹿港へ注ぐ鹿港渓の水質改善および親水環境の整備、観光に適した交通導線や公共交通機関の整備が挙げられている。

広告

コメントを残す