●台湾で人気上昇の旅行先トップ10、日本から4都市がランクイン

旅行検索サイトのスカイスキャナーはこのほど、2017年に人気が高まることが予想される観光地トップ10を発表した。2位の茨城県小美玉市を始め、日本からは4都市が名を連ね、日本旅行の根強い人気が明らかになった。

10位以内にランクインした日本の都市は小美玉市のほか、宮城県仙台市(4位)、北海道函館市(7位)、香川県高松市(8位)。同サイトは日本が人気を得ている背景について、日本の旅行体験と品質が比較的優れている上に、各地方自治体による台湾への積極的な誘致活動が功を奏したと分析している。

ランキングは同サイトの過去3年のデータを基に導き出された。1位は韓国・大邱(テグ)市だった。(中央社フォーカス台湾

広告

コメントを残す