●香港・マカオからの訪台クルーズ、申請1回で2回分のビザ発給へ

内政部は来年1月1日から香港・マカオからのクルーズ船観光客に対し、1回のネット申請で2回分の上陸許可を発給し、台湾寄港時の誘致拡大を目指す。移民署によると、今年12月12日までの中国人訪台観光客数は255万4408人で、昨年に比べて52万7557人減少した。団体客は52万5000人減少し、個人旅行は今年約8100人増加した。香港・マカオからの今年の観光客は142万人で、昨年より4万人以上増加した。訪台クルーズ客数は現在延べ14万8000人で、うち香港・マカオからが七分の一を占めており、さらなる成長が期待できる。

広告

コメントを残す