●第1原発の2号機で油漏れ事故、第1、第2原発42時間全部停止

新北市石門にある第1原発の2号機で冷却器の油漏れ事故があり、17日早朝から18日深夜までストップした。第1原発の1号機は停止中で、同じ新北市万里の第2原発も1号機が停止中で、2号機も11月末から定期検査に入っており、第1、第2原発のすべてが約42時間ストップしてしまった。第1の1号機も第2の2号機も大修理した後に事故が起きており、第1、第2とも運転期間は世界最長。それだけに今後も事故が起きる可能性は否定できない。しかし台湾電力は今後の電力供給は問題ないとしている。

広告

コメントを残す