●企業の年終奨金、最も高いのは金融業の1.76カ月=104資訊

求職情報サイトを手掛ける104資訊科技の調査によると、今年の年終奨金(旧正月前に支給されるボーナス)は平均1.27カ月で、昨年より2.4日増加した。業界別では、金融業が昨年の1.55カ月を上回り1.76カ月で最高水準。金融業は2009年以来、2011年の第2位を除き、8年間で7回支給額トップを守っている。今年の支給額2位は平均1.56カ月の化学・石油化学業で、一昨年の12位、昨年の4位からさらに順位を上げた。3位は半導体業の1.53カ月だった。一方、電子製造業は前年比22.3%減と最大の減少幅を記録した。同調査は11月、人材採用を実施している企業から935の有効回答を得たもので、信頼度は95%、誤差は±3.2%。

広告

コメントを残す