●台湾楽天カード、発行量が2年で20万枚を突破

2015年に台湾でサービスを開始したクレジットカードの台湾楽天カードが、発行枚数20万枚を突破した。今年のカード利用率は平均7割以上で、10月は75.27%と、銀行系クレカの平均利用率65.89%を上回り、利用率で第1位となっている。円安により台湾人の日本旅行熱は続いており、今年1~10月の訪日台湾人観光客数は延べ370万人に迫り、年内には過去最高の400万人を更新するとみられる。台湾楽天カードは日本行き往復航空券が当たるキャンペーンを開始し、さらなる利用者増を目指す。

広告

コメントを残す