●新光三越台中中港店、初の飲食フロア大規模改装完了

新光三越の台中中港店で開業17年以来初となる大規模な飲食フロア改装が実施され、21日に9・10階の飲食店がリニューアルオープンした。同店は、年商170億元(約623億5600万円)のうち、飲食売上の比率をこれまでの9%から12%に上げたいとしている。全15店のレストランのうち10店が台中初開幕。日本のブランドでは天丼の「金子半之助」の台湾旗艦店、とんかつ「MAiSEN(まい泉)」、8月台北に台湾1号店を開設した「世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイス」が出店している。

広告

コメントを残す