●サラリーマンの6割が転職希望、希望月収は3万9800元

「yes123求職ネット」の調査では73%のサラリーマンが来年第1・四半期(1~3月)に給料アップを希望、57%がもっといい仕事探しをするとしていることが分かった。企業の展望では、来年1~3月期は楽観論が悲観論を上回っており、景気改善が予想されているが、63%のサラリーマンははっきりと転職希望を表明している。調査では来年1~3月に職員募集する企業は平均3万3054元(約12万1300円)の給与を提示。これは今年10~12期の募集の時よりも1369元高い。しかし転職希望のサラリーマンは平均3万9802元(約14万6000円)を希望しており、双方の差はなお17%ある。

広告

コメントを残す