泉發蜂蜜 台湾産蜂蜜とローヤルゼリーの老舗専門店

取材・文:高橋真紀

食の安全が見直されている台湾では、天然食材を扱う老舗に再び注目が集まっている。1919年から蜂蜜とロイヤルゼリーの生産を開始した「泉發蜂蜜」もその一つだ。民族西路に構えた店舗は57年の時を経ている。6軒の支店も地元の人たちに愛され、蜂蜜といえばここ、と誰もが思い浮かべる老舗である。
ブランドのスタートとなったのは「野蜂蜜」(410グラム380元、820グラム620元)という四季の花を使った蜂蜜。産地は屏東で、海抜1000メートル以上の高地で栽培されている。ビタミンBを多く含む自然健康食品として、発売から97年、店の看板を守ってきた。現在は台湾全土で生産された蜂蜜を取り扱っており、気候などによって左右されるものの、常時10種類前後から好みの蜂蜜を選ぶことができる。珍しいところでは台湾最大の湖がある日月潭で採れた「荔枝花蜜(ライチ蜂蜜)」や、金木犀の花から採れた「桂花蜂蜜醬」などが人気だという。w14571858
台湾で一般的に市販されている蜂蜜は、「龍眼」という台湾ではおなじみのフルーツの蜜で作られたものだ。龍眼は高温多湿の地域で取れる果物で、台湾でも多く生産することができるため、圧倒的なシェアを占めているのだ。
蜂蜜は大まかに分けて、「草」から採れるやや酸味のあるもの、「果物」から採れる適度な甘みのもの、「花」から採れる甘みが強くて味の濃いものがある。植物の種類や産地によってバリエーションがあるそうで、こうした蜂蜜の奥深さを知ることができるのも、老舗の専門店ならではだ。

看板商品を使ったスキンケア商品

もう一つの看板商品は「ロイヤルゼリー」で、これも創業時から発売している。当時はロイヤルゼリー販売の草分け的存在だったことと、品質の良さで支持され続け、シェアの多くを占めている。そのままゼリー状にパッケージしたもの(100グラム800元、500グラム2180元)が看板商品。カプセルに詰めて飲みやすくしたものもある。ロイヤルゼリーは高温にさらされると変質してしまうため、温度管理には細心の注意を払い、運送も自社で行っているという。
ロイヤルゼリーとは、働き蜂が蜜を材料に体内に生成する成分。女王蜂にひたすら食べさせることから「ロイヤル」の名が付いた。女王蜂が働き蜂に比べて体も大きく寿命も長いことからわかるように、ロイヤルゼリーには驚くべき栄養価がある。定期的に摂取することで、健康維持や美容にも高い効果が実証されている。食品としてはもちろん、肌に塗っても高い保湿効果があることから、泉發蜂蜜でも化粧品の開発をスタート。今では化粧品開発部門もでき、蜂蜜やロイヤルゼリーと並んで同社の主力商品となっている。
w14689144 一番人気は蜂王乳玫瑰活顏滋養精華液(ローヤルゼリーバラエッセンス1280元)。ロイヤルゼリーのほか、ローズやラベンダーのエッセンシャルオイル、ビタミンEを配合した高濃度オイルだ。化粧水の前につけるブースターとしても使えるほか、シートマスクやファンデーションにも1滴たらせば保湿力がアップする優れもの。夜つければ眠っている間に肌を補修する機能もあり、愛用者からは「無敵油」と呼ばれているそうだ。今年新発売された「超完美系列」はシワの改善に特化した超完美抗皺拉提精華(シワ取りエッセンス1680元)が効き目の高さで評判を呼んでいる。
おすすめの最新商品は、初夏茉莉凝香蜜(580元)。グロスのようなパッケージとテクスチャーで、体につけて香りを楽しむ商品だ。ローズ、レモン、ジャスミンなどの植物と蜂蜜を使用。天然成分だけとは思えない優雅で甘い香りを放ってくれる。
MRT台北駅構内の微風台北駅店、忠孝復興駅から徒歩5分の忠孝店などの店舗では自社の蜂蜜を使ったオリジナルドリンクも提供している。市内のドリンクスタンドと変わらない値段で買えるドリンクは、天然の果物と蜂蜜の甘酸っぱさが染みわたる、体が喜ぶ味だった。泉發蜂蜜は創業以来大きな広告宣伝をしたことがないという。利用した人の口コミだけで顧客を広げ、100年の歴史を築いたその品質を、ぜひ実際に試してみてほしい。


泉發蜂蜜 本店
所在地:台北市民族西路218號
電話:02-2585-0399
URL: www.cfhoney.com


(2016年11月号掲載)

もどる

広告

コメントを残す