●台湾北部で最も美しい駅・台鉄深澳線「八斗子駅」28日復活

新北市の瑞芳駅と、基隆市の国立海洋科技博物館(海科館駅)とを結ぶ台湾鉄路の支線・深澳線が28日、一駅先の八斗子駅まで延伸した。

八斗子駅は台東県の多良駅と同様に美しい海岸の風景が望めることから、台湾北部で最も美しい駅と呼ばれている。深澳線は1989年に旅客営業休止、2007年に貨物線としての運行も休止していた。2014年に瑞芳駅~海科館駅間の運行が再開し、今回の延伸により八斗子駅も自動改札を備えた無人駅として復活した。八斗子駅は新北市と基隆市の境界線上に位置する珍しい駅で、新しい境界標識も設置された。

広告

コメントを残す