●ミスドの業績が前年比5割増、工場も増設

統一超商傘下で「ミスタードーナツ」を手掛ける統一多拿滋は、今年1~9月の売上が前年比19%増の7億1000万元(約25億7122万円)と過去最高を更新した。税引後利益は2700万元(約9778万円)で前年比5割増となった。直営店63店舗に加え、2014年に始めたセブンイレブン内販売コーナーは現在150店となり、その販売数は今年480万個に達し、業績を後押しした。来年はさらに80~100店の売場を開設予定だ。販売増に対応するため、既存の新北市の工場に加え、来年春にも台中市の2カ所目の工場が運用を開始する。

広告

コメントを残す