●台湾鉄道の板橋駅に時計台 新たな待ち合わせ場所に

台湾鉄路管理局(台鉄)板橋駅に2016年12月27日、時計台が設置された。毎時ちょうどにはメロディーが鳴る仕組みになっている。

時計台は商業施設を運営するグローバルモール(環球購物中心)が台鉄に提供した。

台鉄の鐘清達・副局長は、「定刻性は同局が重視する項目」とし、各駅に設置された代表的な時計が利用者を導くことができればと語った。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す