●中華電信傘下の神脳がEC拡充、O2O戦略を推進

中華電信傘下のIT機器販売・神脳(Senao)が3日、ECサイト「神脳線上senaonline」をリニューアルオープンした。IT製品のほか、台塑生医科技など国内企業と組み、健康食品や生活用品の扱いも開始した。今後は中小企業の出店も促す。現在、神脳は279店舗、中華電信は702店舗を有しており、ネットと実体店を連携するO2O(Online to Offline)戦略を推進する考えだ。既存の150万人の会員向けサービスから着手し、年内には神脳の取引・サービス・物流・支払などの業務の半分をネットに移行し、今年の総売上を10%伸ばしたいとしている。

広告

コメントを残す