●暖冬で梅の開花進まず、「陽明山花季」開幕が来月10日に延期

台北市郊外の陽明山で開催される「陽明山花季(フラワーフェスティバル)」は、この冬の暖冬の影響で梅の開花が進んでいないことから、今年は2月10日からに延期された。梅の花は例年12月から1月中旬に見頃を迎えるが、今年は現時点でまだ三分咲き程度。開花が1~2週間遅れているとみられ、今年の旧正月(1月28日が旧暦元日)時期の花見は難しそうだ。このほか、昨年11月に改修を終えた台北市士林区の「士林官邸」バラ園は、新たに1600株以上のバラが植えられており、旧正月がちょうど見頃となる。

広告

コメントを残す