●台湾灯会のメインランタンが会場に設置、台北で小型模型も

旧暦1月15日の元宵節(今年は2月11日)に開幕する「台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)」のメインランタンが9日、今年の会場である雲林県・虎尾会場に設置された。高さ23メートルのメインランタンは鳳凰の形。開幕後は1万9000以上の制御回路を持つLED照明が、30分ごとに光のショーを繰り広げる。虎尾・北港の2会場の総面積は50ヘクタールで、2月19日までの九日間の人出は延べ1000万人を見込む。これに先立ち、台北市のグランドホテル(円山大飯店)ロビーでは、メインランタンの小型模型(高さ3メートル)の展示が始まり、8基の小型ランタンと共に新年ムードを盛り上げている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中